にほんブログ村 子育てブログへ

【大人も美味な離乳食】レンジで1分半で冷凍可!しっとりモッチモチな「コロコロおからクレープ」<手づかみ食べ>

はじめに

先日レシピをご紹介した、娘の好物の「おから餅

お豆腐屋さんで買った生おからすべてをおから餅にしてしまってもいいけれど、どうせならレンジでできるものを色々作ってみたいな〜と思いまして。

ブリトーを作ろうと思ったんです。最初は。それなら娘と一緒にお食事として食べることが出来ますしね^^

なかなか粉物ばかりで米を食べさせてないので、味をつけたご飯をブリトー生地で巻いてステッィク状にしたら手が汚れず食べやすいかなと。

しかし最初、米粉と水で生地を作ってみたら…大失敗(´・ω・`)

分厚いライスペーパーみたいなのが耐熱皿にはりついて大変なことに…!(写真撮っておけばよかった笑)

きっとこれは小麦粉が正解なんだなと思い、水を牛乳に変更。ほんのりきび砂糖で甘くしてみたら、大成功!

耐熱皿にこびりついた失敗を活かし、レンジ加熱の前に皿に一工夫することで、こびりつきなくしっとりモチモチなクレープ生地ができました♪

しかも、生おからがイイ感じにモチモチプチプチしていて食感が楽しい^^

小麦粉だけで作るとレンジ加熱の時間を気をつけないとカピカピに表面が乾いてしまうことが多いのですが(以前、レンジで蒸しパン作ろうとして失敗した経験有)、生おからの効果なのか、そこまで神経質にならなくても、モチモチな生地ができあがります。

娘へは最初、前述した通り、クレープ生地にシチューご飯をステック状に包んであげました。シチューは先日レシピをご紹介したお鍋一つでできる取り分けシチューです。

そしたら失敗(´・ω・`)

娘のあり余る握力により、ステック状だった柔らかいクレープ生地には穴が空き、ぐんにゃり折り曲げられ…。

床には細かくちぎれたご飯と生地が散らばり、それをご丁寧にも手足で擦り付けて下さる娘。ちょっとした地獄絵図

但し、ちぎれた生地を拾って食べたりしていたので、モチモチの生地は好きなんだなと判断。

やはり湿ったご飯がお気に召さないご様子。シチュー自体はいつも残さず完食してるのに、ダメなのか米は(´・ω・`)

赤ちゃん用アレンジ

そのため生地にさつまいもペーストを塗って三つ折りにし、娘の手に持ちやすい大きさにカットしたら大成功^^

さつまいもの甘さと持ちやすさが気に入ったようです。この・・・スイーツ女子めっ!

大人用アレンジ

大人用は生クリームと残ったさつまいもを四つ折りに包んでみたら・・あれだ!駅ナカとかで売っているテイクアウトのクレープ(笑)

コレを夕方に帰ってきてからササッと作って、娘と一緒に食べるのがマイブームです♪おうちでサクッとクレープが食べられる幸せよ(●´ω`●)

生クリームはスーパーで売っている既にホイップされている商品を使っています。普通の液状の生クリームよりは割高かもしれませんが、手軽で便利です!

以下、レシピです!

レンジで1分半で冷凍可!しっとりモッチモチな「コロコロ生おからクレープ」<手づかみ食べ>
<材料>直径13センチが約3枚分
◎生おから・・・25g
◎小麦粉・・・25g
◎牛乳・・・50g〜70g(生おからの水分量によって調整して下さい)
◎きび砂糖・・・小さじ半分

(クレープに包む材料)
・冷凍さつまいもペースト
・生クリーム(大人用)

==
①材料を用意して計量、混ぜます。写真のクッキー缶には砂糖が入っています。

計りの目盛りを都度ゼロにしながら計量すると、はかりやすいです。冷凍のペーストを使う場合はこの時点でレンジ解凍しておきましょう。


牛乳は最初50g入れて泡立て器で混ぜてみて、硬いなと思ったら10gずつ増やして下さい。

ホットケーキの生地よりは少ーし緩めです。生地感がありつつも、スプーンで落としたときにダマがゆっくり消えていく感じ。(ダマがいつまでも残るようなら少し硬いかもしれません。)

==
②耐熱皿の表面に耐熱ラップをはります。シワにならないようピンっと、表面が平らになるようにするのがポイントです。

そのラップの中心に生地を落としスプーンで真ん中からくるくる広げるようにして、丸い生地を整形します。

スプーンで広げ終わった後、皿を少し傾けるだけで生地がすぐにヨレてラップの部分が見えたりする場合は生地がゆるすぎです。

生おからと小麦粉を20gずつ同量で増やしてみてください。

逆に生地が固まって伸ばしにくいということなら、生地が固すぎるので牛乳を少しずつ加えてみてください。

==
ラップなしでレンジで加熱します。

我が家のレンジでは600wで1分半ですが、お使いのレンジによって火力が違うので、まずは1分半で様子をみてください。

==
④ 生地を取り出し、ラップからはがします。生地はこれにて完成!

耐熱皿のラップをはがし、片手で上部へピンっとひっぱりながら、もう片方の手に持ったスプーンで(写真ではフォークですが生地が破れることがあるので)生地の端っこから軽い力ではがすのがコツです。

生地にきちんと火が通っていれば、生地の端っこをはがすだけでペロンときれいに剥がれます。

逆にラップに生地がくっついていて剥がれないということでしたら、それは生地に火が通っていませんので、ラップ無しで再度30秒ずつ追加加熱して様子を見て下さい。

(ラップにくっついている部分を触ると生地が指にくっつきますので、生であるとすぐに分かると思います。)

==
⑤クレープに具材を包みます。今回はさつまいもペーストを使います。

◎赤ちゃん用アレンジ

あまり塗りすぎると仕上がりが分厚くなってしまいますので、薄く広くがポイント。写真のときは、ちょーっと厚かったかな(笑)

塗れたら三つ折りにして、だし巻き卵のようにカットします。赤ちゃんの手に握りやすいサイズがオススメです。

ラップをしてジップロックに入れれば、冷凍保存可能です。

自然解凍でもOKですが、中心部が凍っているかが食べないと判断がつかないため、食べる直前にレンジで表裏10秒ずつ温めると良いですよ^^

@ママは外出先に冷凍のまま持っていき、児童館のレンジで温めて娘にあげています。保冷剤いらず(笑)

◎大人用アレンジ

大人用は残ったさつまいもペーストと生クリームを中心部に配置。

四つ折りに包みます。写真は折る途中です。

完成♪

写真は包みたての状態ですが、ラップにキュッと包んでおけば、もっとコンパクトになって食べやすくなります。中身の水分が生地に移って、よりしっとりしますよ。

生クリームを入れた状態で冷凍していないので分かりませんが、包んだ状態では分厚すぎるので、冷凍するのであれば生地だけ一枚ずつラップに包んでジップロックに入れて食べる時にレンジでチンしたほうが良いと思います。

==

生地を加熱しすぎてカピカピに乾いてしまうんじゃないかと思い、思い切って2分加熱してみましたが固くなることはありませんでした。生おから効果かな?

たとえ加熱時に生地の表面が少し乾いてしまっても、ラップをして保存すれば具材の水分が生地にうつるので問題ないと思います。

あと、生地を冷ますときは、できるだけ表面が乾かないようラップしてくださいね。この時期は特に、暖房をつけますので生地が乾きやすいです。

さいごに

冒頭で書いたように、この試作品をあげたときは握力が強すぎて、生地に穴をあけたり握りつぶしていた娘ですが、

このクレープをあげて数日経った今では上手に持てるようになり、握りつぶしてしまうことが少なくなりました。

このクレープをあげた当初は「大人には美味しいけど失敗作だな。改良して生地をもっと固くしないと」と思ったものですが、今や柔らかいものも上手に持てるようになった娘。成長にビックリです。

離乳食に限らず最初「この子にはちょっと早いかな」と思っても、赤ちゃん自身の成長と慣れもあるので、与え続けてみるのも良いかもしれません。

ちなみにこちらのクレープ、娘のお気に入りには登録されたようなのですが、やはりお腹がいっぱいになったり食べるのに飽きたりするとポイっとします(´・ω・`)

ヲイヲイ、あんなに美味しそうに食べてたじゃん、さっき…。

「落としたよ」と言って渡しても床へ叩きつけるときは、娘の口元に持っていくとなぜか口を開けて食べようとしたり、再度手に持って食べ始めたり。

もしくは、ちぎって食べさせようとすると、口を開けて食べてくれたりします。

え、なに?「食べる」のに飽きたんじゃなくて、「手に持って」食べるのに飽きたの?

娘の真意は謎ですが、作った離乳食をポイされて悲しいママさん・・・うちもですので、どうか気に病まないでくださいね。

そして更にうちの娘の場合、好物にも格付けがありまして。

コロコロパンケーキお野菜おから餅あべかわ風>おからクレープ

大好物のコロコロパンケーキの場合はたくさん食べても床に叩きつける率が少ないので、まぁ、「大好物」と「ただの好物」では扱いが違うんでしょうね。

「食べ物の違いが分かるまでに成長したんだね。すごいすごい」と思うことで、@ママ的には良しとします(笑)

但し、こちらのクレープは娘にあげてまだ日が浅いので、与え続けてみたら格付けに変化が起きるかもしれません。

レンジでチンで簡単にできて親子で楽しめるクレープですので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね〜〜♪

<免責事項>
本記事の情報は@ママの独断と偏見でピックアップしておりますので、抜け漏れ等ある可能性がございます。ご了承下さい。なお、日時・開催場所等の最終確認は必ずご自身の責任において、公式HP(詳細情報参照)をご確認頂ますようお願い致します。

また、本ブログはリンクフリーですが、まとめサイト等における本ブログの記事の内容の無断引用、リライト行為はご遠慮くださるようお願い致します。

何かご不明なことが有りましたら、コメント欄にてお問い合わせ下さい(コメント欄は承認式のため投稿しただけでは、全体表示されることはありません。)

【お願い】ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので、ぜひクリックをお願いします!(ボタンは2つあります)

にほんブログ村 子育てブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする