にほんブログ村 子育てブログへ

【体験レポ】ベビーくもんを無料体験してみた結果→無理だったので「こどもちゃれんじ」との比較について辛口解説してみます

無理だった…。素晴らしいのは分かってる。でも無理なんだよ私には。

みなさんにはそんな経験、ありませんか?

@ママはまさにそれが「ベビーくもん」でした。

年4回ほど「2週間無料体験キャンペーン」を実施しているベビーくもん。

直近では11月末まで実施していたので気軽に応募してみた@ママ、割と本気で体験してみました。

結果、ちょっと@ママには無理だったけれど…。

一方で比較対象としてのこどもちゃれんじはベビーのスタート号からずーっと続けていて、娘も大好き。

知育おもちゃも素晴らしいのですが、親としてはこどもちゃれんじのDVD教材がもう最強!

1歳10ヶ月の娘はしまじろうDVDのおかげでびっくりするくらい語彙力も増えました。(とはいえ「大きい小さい」や「長い短いなどの概念」「ありがとう」などDVDに出てくる単語程度ですが)

食事や着替えやトイレなど、しまじろうのマネをして自分でやろうとするようになりありがたい限りです。

特に@ママが「これやりたいからちょっと一人で遊んでてほしいなぁ…」という時に、しまじろうのDVDや教材で楽しく一人遊びしてくれるので本当に助かっています。

もちろん今回のレポはあくまでベビーくもんとはあまり相性が良くなかった@ママの独断と偏見によるものなのですが、

2週間無料体験してみて感じたベビーくもんの特徴、こどもちゃれんじと比較した場合の違いやメリット・デメリット、そしてこんなママに相性が良いかもといった傾向をまとめてみたいと思います!

もし少しでもご参考になれば嬉しいです^^

結論から書くよ!ベビーくもんとこどもちゃれんじぷちの違いはこんな感じ!


※読みづらくて申し訳ありません…。拡大してください…。良いポイントを赤字で表記しています。

お値段は1年分の一括払いならこどもちゃれんじぷちのほうが少し安い程度で、毎月払いならそこまで違いがありません。

大きな違いとしては、こどもちゃれんじが仕掛け絵本(シールブックにもなる)の他におもちゃやDVDなどの様々な種類の教材があるのに対して、

ベビーくもんは実にシンプル。長年培ってきた教育への自信が伺えます。

内容は「普通の紙の絵本(仕掛けなし)」と「うたブック&CD」がメインで、子供への接し方のアドバイスを掲載した「やりとりブック」等。

月1回の対面式子育て相談といい、基本アナログ媒体(紙、CD)です。

↑ベビーくもんのファンのみなさまお気を悪くされたらごめんなさい…。悪口のつもりはありません…。

こどもちゃれんじがDVDや知育おもちゃなど「忙しいママの負担軽減」という視点で教材づくりをしている印象がある一方で、

ベビーくもんは「昔ながらの母と子のアナログで密なやりとり」をとても大切にしている印象を持ちます。

申込みの流れはどんな感じ?

ベビーくもんの2週間おためし体験は、WEBで自宅近くの公文教室にベビーくもんを申し込むことから始まります。

公文式の教室でもベビーくもんを実施していない場合もありますので、検索結果でそのお教室がベビーくもんを実施しているかよく確認しましょう。

(@ママは一度ベビーくもんを実施してない教室に申し込んでしまった前科アリw)

そのあと先生から電話かメールで連絡が入るのでお教室に行く日を決め、体験教材を直接受け取りに行きます。

そしてベビーくもんの特徴や手続きの概要などを説明、簡単な絵本読み聞かせレクチャーを受け、「詳細はこのやりとりブックや説明書(おためしレシピ)を読んでみてくださいね〜」的な感じで解散。15分くらいかな?

体験教材は先程の写真の通りですが、注意したいのが赤い丸で囲った絵本とCDは返却が必要なところ。

つまり体験後に「やっぱり合わないな〜」と思った場合は、先生にそのむねをちゃんと伝えないといけません。

ぶっちゃけ@ママはそれをお教室で先生から聞かされた時に、「あちゃー、ただちょっと試したいだけだったのに、ダメだった時にどう断ろう…」とかなりプレッシャーを感じましたwww

幸いにも@ママを担当してくれた先生はちゃきちゃき系のとても良い方で、@ママ決死のお断りの連絡も快く受けてくれましたが、そこらへんは先生の個性によるものが大きい気もします。

正直お断りの連絡ってストレスだな・・・という方は、体験を申し込む前に覚悟はしておきましょう。

(まぁ相手も大人ですので、見込みのないお客さん相手に攻めて印象悪くするようなことはしないと思うのですが、いろんな人がいますしね・・・)

ベビーくもん具体的にはなにをするの?

公文式って生徒さんがプリントをひたすらやって先生に答え合わせと解説をしてもらう、基本的に自主学習サポート形式じゃないですか。

ベビーくもんも一緒で、ただ一つ通常公文と違うのは「自主学習の主体が子供(幼児)ではなく、ママである」ということ。

なので先生が手取り足取り教えてくれるんだろうなーと安直に考えていた@ママ、大間違いww

「ママが子供と触れ合うやりとり(絵本・歌・あそび)」について公文の先生は対面で教材の提供と、質問に答えるといったサポート的スタンスなのでした。

基本的にママが頑張る系ですね。

そしてこれはベビーくもんの方針なのか、@ママを担当してくれた先生の個人的な教育方針なのかはわからないのですが、

「子供の国語力を鍛えるためには1日3冊以上の絵本を読み聞かせする」ことが効果的なのだそうです。

そのため前述したとおりベビーくもんでは入会した場合、絵本の読み聞かせやわらべうたなどを通じての母と子の関わり方を中心に、先生が対面でアドバイスにのってくれるとのこと。(大きくなると公文っぽいお勉強教材も)

初日で早くも感じたプレッシャー

でもねぇ…。みなさん「1日3冊以上絵本を読んであげてください」ってどう感じます?

@ママはね…、こんなこと書くと「母親として失格だ!」とか叩かれそうで怖いんですが、それを聞いた時正直プレッシャーに感じてしまいました。

もちろん公文だってノルマだと言うつもりではないのですしょうが、ベビーくもんには連絡帳や子育ての記録帳とかあるんですよ。しかも手書き。

えー・・・どうしよ、何書こう…。←更にプレッシャーを感じる@ママ。

子育て記録をつけられて素敵を思える方ならとても良いと思うのですが、@ママとしては手書きの連絡帳や記録帳は1日3冊とか毎日子育ての工夫など「ちゃんとやらなきゃダメよっ」とプレッシャーをかけられているようで無理…と思ってしまいました。

もちろん先生と対面で子育て相談するための交換日記みたいなもんだーとライトに考えればいいんでしょうけど、ムダに几帳面な@ママには無理無理無理ィィィ!

あと注意したいのが、「先生が対面でアドバイス」というのは先生がカウンセリングのために時間を設けてくれるのではなく、「月1度、教材を買いにきたついでに相談にのりますよ」的なスタンスであるいうこと。

どちらかというとベビーくもんの特権(当たり前のこと)というよりは、「先生のご厚意で忙しいのに雑談(子育て相談)の時間を設けてくれている」程度に捉えたほうがお互いにとっていいのかなと感じました。

もちろん先生によっては面倒見よくカリキュラムを設けたり、親身にアドバイスを下さったりして有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

でもそれってほんと先生の人柄と、お母さんの性格によって変わってくるとおもうんですよね。事務的に教材売るだけで相談は適当に流す先生だって少なからずいると思う。

だからこそ無料体験はそういった先生の個性も見極める良い機会でもありますね。

試してみて実際どうだった?

絵本やプレゼントのおためし教材、すべて「さすがは公文」と言わざるを得ない素晴らしさでした

わらべうたとかやり取りブックの中にはちょっと古典的な感じがするものもあるけど、@ママ的にはそういうの好きだしこれはOK。

びっくりしたのは、基本的にこどもちゃれんじのしかけ絵本以外の普通の絵本はあまり好まなかった娘が、公文の絵本とやり取りブック(絵本みたいなもの)はすぐに気に入ってくれたこと。

むしろ自分から「読んで読んで」と公文の絵本を持ってせがむほどで、これは今までになかったことでした。

今まで娘に絵本を読みかせようとしても、絵本のページを高速でめくろうとして最後まで読みかせさせてくれなかったりうまくいかないことが多く、すっかりこどもちゃれんじのDVDとしかけ絵本に頼り切りだった@ママ。

娘のこの反応をみてマジの本気で2週間、1日3冊以上絵本の読み聞かせをしてみました。

娘が本を荒らしたがるので最近行ってなかった図書館で絵本をたくさん借りてみちゃったりして。

結果…気になりますよね?

娘(当時1歳10ヶ月)、絵本を最後まで@ママの膝の上で聞いてくれるようになりました!!!

うわぁぁぁ!!!公文サマありがとうーーー!

こうなると絵本の読み聞かせは楽しいですね。いちいち反応してくれる娘をみるのは本当に楽しい!

その半面、けっこう疲れるけどwww

そこで一度はベビー公文、割といいんじゃないかと前向きに考えてみた@ママ。

で・も・ね。

確かに公文の絵本は素晴らしかった。やり取りブックも。CDはパソコンで再生するの面倒で聞いてないけど。

しかしながら思ってしまう…ついつい比較してしまうっ!大好きな大好きなこどもちゃれんじと。

これCDじゃなくてDVDにしてくれたらラクなのにって…。

だって読み聞かせまで収録してくれたら、上手な読み聞かせのアクセントとかも真似できるじゃないですか。

更にCDにするくらいなら会員制のマイページで聞けるようにしてくれたらラクなのにって…。(こどもちゃれんじはDVD動画を会員制のマイページでWEBやスマホで視聴できる→帰省先や外出時に便利)

文明の力(りき)に毒されすぎの@ママ、もうアナログには戻れないんです・・・。

公文さま、本当にごめんなさい…。

でも教材自体はとても素晴らしく、先生との相性やママの性格によっては本当におすすめできるものだと思います。

ベビーくもん、こどもちゃれんじ:こんなママに向いてる!〜@ママの独断と偏見〜

ベビーくもんのメリット・デメリットとしては、「1日3冊以上の絵本の読み聞かせ、手書きの育児記録や連絡帳、月1回の先生との面談」を魅力に思えるかどうかかなと思います。

それを踏まえて、向いているタイプはこんな感じ!

※「そう感じるなら絶対向いてるよ!」という箇所は赤字アンダーラインで強調しています。

【ベビーくもん】が向いているのはこんなタイプ

・子供にテレビはあまり見せたくない。

「1日3冊以上の絵本の読みかせが国語力育成に最適」というキーワードに対してプレッシャーではなく魅力を感じる。

・絵本の読みかせをしたいが、なかなかうまくいかずプロに相談したい。

・月1回、子育て相談をしたりプロからサポートを受けられるのは嬉しい。

・ご自身の教育方針が明確で、なるべくママ主体で家庭保育をしたい。

・おもちゃとか余計なものはいらない。

・手書きの日記や子育て記録(写真貼ってみたり)などを書くのは楽しい。

【こどもちゃれんじ】が向いているのはこんなタイプ

・便利なものなら使い方に気をつけた上で、子育てに取り入れもいいんじゃない?って思う。

もちろんできるだけ子供と遊んであげたいが、正直なところ 「お願い!今はちょっとだけ一人遊びしてて〜(泣)」という瞬間が結構ある。

・おもちゃは買ってあげたいが、どんなものが気に入るのか分からない。

・子育てについて漠然と「このまま私のやり方でほんとにいいのかな〜」という不安があったりする(けれど他人に相談するほどではない)。

・取扱説明書は最初はあんまり読まず、困ったたときにだけ参照するタイプ。

さいごに

短くまとめたいなと思いつつ、意外と長文になってしまい申し訳ありません。

ベビーくもんは教材自体は素晴らしかったのですが、教材スタイルが@ママに合わなかったというお話でした。

冒頭でも書いたとおり、こどもちゃれんじは知育おもちゃやしかけ絵本だけではなくDVDが本当に秀逸なので、まだの方はぜひ試して頂きたいです。

@ママはこどもちゃれんじを始める前は「知育系動画ならNHKのEテレとか、Amazonプライムで良くない?」と思っていたのですが、やっぱり全然違います。

その大きな違いとしては、しつけ・知育面での「段階的カリキュラムの有無と反復性」。

毎号それぞれちゃんと 「今月はこれができるようになるための教材」という目標が段階的に決まっているんですね。それに沿って教材が作成されています。

情報誌をパラパラ〜っとめくると効果的な遊び方や関わり方が載っていますし、ママとしてはそれを真似しつつできることからやってみる的なゆるふわスタンスでOK。

そして子供はDVDで大好きなしまじろうからおもちゃの使い方や絵本のストーリーを目と耳で学び、子ども自身が一人でも楽しみながらおもちゃ(触覚)や絵本(視覚)で反復学習ができる仕組みになっているのです。

いやー、実に上手い仕組み!これなら幼児でも飽きずに遊びながら学ぶことができちゃうんですよね。

正直に言うと、こどもちゃれんじユーザーだった@ママ自身小学校以上の進研ゼミの教材は完全におもちゃ(付録?)目当てだった後ろめたさもあったりして・・・。

あんな豪華な付録があったところできちんと勉強していたかと言われるとちょっと怪しいのですが、

幼児向けのこどもちゃれんじに関しては、幼稚園前の家庭保育を時にゆるく、時にしっかりとサポートしてくれる「ママと子供のための」とても頼れる教材かなと感じています。

もし小学生以降の進研ゼミの漫画DMとか「豪華な付録で子供の気を引いているだけでしょ?」的なマイナスイメージでこどもちゃれんじ無料たいけんセットを試していないなんて、実にもったいないっ!

ぜひこどもちゃれんじのDVD、試してみてくださいね!

もちろんお子さんとの相性はあると思うのですが、@ママ的には毎日お世話になっている心強い相棒です(笑)

自信をもってオススメできます^^

最後にリンクをまとめますね!

==

今回は以上です。

最後にこの記事を読んで「いいな!」と思われたら、ぜひブログランキングのボタン(2つ)のクリックをよろしくお願い致します!


1人目ランキング
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

本当にものすごーく更新の励みになっております!!!

ではでは、また次回です^^

<みなさまへのお願い事項>
本記事の情報は@ママの独断と偏見でピックアップしておりますので、抜け漏れ等ある可能性がございます。ご了承下さい。なお、日時・開催場所等の最終確認は必ずご自身の責任において、公式HP(詳細情報参照)をご確認頂ますようお願い致します。

また、本ブログはリンクフリーですが、まとめサイト等における本ブログの記事の内容の無断引用、リライト行為はご遠慮くださるようお願い致します。

何かご不明なことが有りましたら、コメント欄にてお問い合わせ下さい(コメント欄は承認式のため投稿しただけでは、全体表示されることはありません。)

【お願い】ブログランキングに参加しています。更新の励みになりますので、ぜひクリックをお願いします!(ボタンは2つあります)

にほんブログ村 子育てブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする